Blog

新規設計契約、こども園プラン確定 〜広島のっぽの設計事務所が見る未来〜

昨日の出来事です。

まずは4月にホームページからご相談いただいた

廿日市の製麺所兼住宅の設計契約です。

そう、いくたびにラーメンや冷麺をいただく。。。

トントン拍子でお話が進んでというのもありますが、

製麺所を営む、お父さんが年末には完成してほしいとのご要望。。。

うーーん、ちょっとそれは厳しいかもしれませんが、全力を尽くします。

 

そして、午後は4月に設計契約をしたこども園の

設計事務所間打ち合わせ。

そうなんです。3者で設計をしているのですが、

いやーー、想像以上に大変です。

私は温熱、構造は一歩もゆずりません。

ま、そこは信頼していただいていますが、

デザインになると、意見が対立します。

外観の打ち合わせは同じ平面プランで、5回以上外観の検討をしました。

結果はこちら!

方形をどうしてもしたいという女性設計士がいらっしゃるので、

それを軸に外観を詰めました。

こども園はその名の通り、子どもたちがたくさんいます。

ということは内部発生熱(こどもも熱を発散する)ので、

日射遮蔽は必須で軒先を考えました。

方形の中はこんな感じです。

デザイン的には好きなのですが、冬の熱をどう動かすか、

考えねばなりません。。

一難去ってまた一難ですが、

楽しみながら頑張ります。