Blog

ライフサイクルコストを把握して、資産形成をしよう!

いざ、マイホームを持とう!

と思った時、最初に考えるのは

 

いくら借りれるか

 

かと思います。

 

インターネットで住宅ローンのシミュレーションをして、

家づくりの相場を調べて、

返せる金額から、住宅ローンも把握できた!

 

でも、よくよく考えると、

ある不安がよぎります。

 

家を建てた後の費用がわからない!

 

ご安心ください!

このブログでは家を建てたあとも

安心して暮らすための方法を、お答えします!

 

相談する人を間違えない

人生設計を考える時、

「ファイナンシャルプランナー」

に相談する人が増えてきました。

 

しかし、ファイナンシャルプランナーって

どんな人か知っていますか?

 

大きくは下記のように分かれます。

・投資会社の社員

・保険会社の社員

・税理士事務所の所員

・社会保険事務所の所員

 

などです。

独立系のファイナンシャルプランナーもいますが、

ほとんどの方は、投資、保険、税理士、社労士の出身で、

ファイナンシャルプランナーを取得された方がほとんどです。

 

また、ファイナンシャルプランナーには

権限の制約があります。

 

たとえば、税理士資格のないファイナンシャルプランナーは

税金の申告業務などを行うことは違法です。

 

つまり、ファイナンシャルプランナーの資格しかない人は、

専門性があまりない、オールラウンダーということになります。

 

よって、相談する内容によって、

税理士系 ファイナンシャルプランナー、

投資系 ファイナンシャルプランナー、

保険系 ファイナンシャルプランナーと

ちゃんと、選ばないといけないのです。

 

ですが、そもそも、

お金を取り扱うファイナンシャルプランナーですから、

建築系のファイナンシャルプランナーは極めて少ない状況です。

 

つまり、ほとんどの

 

ファイナンシャルプランナーは建築の素人

 

です。

 

もちろん、住宅に関わる税金やローンの知識は

持っていますが

 

建物仕様による、光熱費やメンテナンス費の違いは

全くわからない

といっても差し支えありません。

 

もし、あなたが光熱費やメンテナンス費などの

建てた後の費用が全くわからないファイナンシャルプランナーに、

相談して家を建てると、

 

住宅の修繕費や光熱費に

家計が圧迫されることになります。

 

そんな事態は避けたいですよね。

だからこそ、相談する人を間違えてはいけません。

 

家に関するお金の話がわかる人に相談する

安心で快適な生活を送るために必要な知識は

・メンテナンス費用

・光熱費

・教育費など未来にかかる費用

 

になります。

 

このそれぞれが、建築士・エネルギーの専門家・ファイナンシャルプランナーと

専門性が違うわけです。

 

もちろん、3人の専門家にアドバイスもらうことも可能ですが、

ばらばらに話を聞くのは

あなたの負担は大きなものになるでしょう。

 

偶然にも、プレゼントデザイン代表の川端は

3つの資格を持っています。(笑)

 

そこでプレゼントデザインでは

現在の収支や、建てたい仕様をアンケート・ヒアリングして、

ライフサイクルコストを反映したシミュレーションを行います。

 

どんなことがわかるか、次にご紹介します。

 

 

老後に手元にあるお金が把握できる

上のグラフはファイナンシャルシミュレーションの結果の一部です。

 

家の完成がゴールではないことがよくわかります。

 

こどもの教育費、生活費もずっとかかりますし、

電気代やガス代は知らない間に値上がりしていきます。

 

そのような生活がいっぱいいっぱいのときに、

メンテナンス工事が必要になります。

 

最初にしっかりと建てたあとの費用を把握して

家づくりをする場合と、プロに相談しなかった場合は

資産形成が大きく変わってきます。

 

上記は建てた後の費用 光熱費やメンテナンス費を

抑えるようにちゃんと考えていた場合の

資産の推移です。

教育費がかかる時期でもマイナスになることなく、

資産が形成されていることがわかります。

 

 

これは先程の家族構成など、条件は全く一緒で、

光熱費とメンテナンス費用がたくさんかかる

つまり低性能な住まいにした場合です。

 

住宅ローンが終わっていない時期に

教育ローンを組まないといけないことがわかります。

 

この建てたあとを考えた費用も含めた全体の住宅費を

LCC(ライフサイクルコスト)と呼びます。

 

このLCCは資産形成に大きく影響します。

 

このLCCは建築士×エネルギーのプロ×ファイナンシャルプランナー

 

ではないとご提案することができません。

 

このLCCを

一級建築士で建物省エネ診断士、

そしてAFPである川端がプランニングいたします。

 

とはいえ、

設計事務所が本業ではありますので、

毎週土曜日17時〜18時の1枠のみで募集いたします。

かなり高度な業務になりますので、

申し訳ありませんが、無料ではできません。

 

それでも破格の

1万円(税込)でご提案いたします。

 

ちゃんと資産形成ができる住まいをご希望の方は

このLCC相談はオススメです。

 

とはいえ、どんなものがもらえるか

わからないと不安ですよね。

下記より、LCC相談のサンプルシートをご確認いただけます。

⇒LCC相談のサンプルシート

 

資料を確認して、どうですか?

あなたのこれからの人生がどうなるか、

家を計画する前に、

このLCC相談をやらないと

やばいと思いませんか?

 

そう思った方はぜひ、下記からお申し込みください。

👉資産形成ができるLCC相談のお申込みはこちら!

 

最後にもう一つアドバイスです。

家族や生活は人生において様々な変化があるものです。

 

LCCも含め、ファイナンシャルプランは

住宅ローンの繰上げ返済やお子様の進学などのタイミングで都度

シミュレーションを確認することが必要です。

 

プレゼントデザインに設計のご依頼を頂いた方は、

建築後のファイナンシャルプランのご相談は無料で行います。

こうした長く付き合える、人生のパートナーを

見つけることが家づくりの成功へとつながります。